営業マンも結構大変なんです。


by 3v6lfhyv7q

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 アイスランドの火山噴火で欧州行きの便が止まっている成田空港では18日夜から19日朝にかけ、帰国できない外国人ら約100人がロビーのベンチなどで一夜を明かした。
 空港会社によると、16日夜には約110人、17日夜には約150人が空港内に泊まった。こうした外国人に対して寝袋、ミネラルウオーター、カロリー食などが無償提供されたが、一様に疲れ切った表情。持参のノートパソコンを使って運航再開などの情報を収集する姿があちこちで見られた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
欧州便さらに4便欠航=火山灰の影響続く
19日の欧州便も欠航=アイスランド火山噴火
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く
ASEM財務相会合が開幕=日本は欠席

16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う−佐賀県警(時事通信)
恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」(産経新聞)
<臥龍桜>陽気に誘われ満開 岐阜・高山(毎日新聞)
普天間問題、今週中に政府案決定 官房長官が意向(産経新聞)
AED 救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)
[PR]
by 3v6lfhyv7q | 2010-04-26 23:18
 群馬県立自然史博物館は16日、同県高崎市内を流れる鏑(かぶら)川の川床で02年に発見されたクジラの化石が、新種と判明したと発表した。米専門誌に掲載された。

 発見したのは、同県みどり市総務課職員の清水勝さん(41)。当時は3日に1度は出勤前に発掘に出掛ける化石ファンで、当日は午前2時に起き、約1100万年前の地層が横たわる鏑川に向かった。

 古代のサメの歯を探すのが目的だったが、出てきたのはクジラの頭の部分。群馬県の別名「上毛」と清水さんの名字を冠し「ジョウモウケタス・シミズアイ」と命名され、清水さんは「歴史に名前を残せるなんて」とビックリ。【奥山はるな】

【関連ニュース】
南ア猿人化石:男児が遊んでいる最中に偶然、発見
恐竜:豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初
雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元
新種鳥化石:地上走り回る ゴビ砂漠で発見
恐竜絶滅:1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ

【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
奈良公園のシカ殺害、30代男きょうにも強制捜査(産経新聞)
堺の男児死亡 「4〜5日前から数回繰り返し腹を押さえた」 同居男を送検へ(産経新聞)
心肺停止の男性死亡=都営バスに追突−東京(時事通信)
コンテナ回収作業を再開 山崎さん19日帰還へ(産経新聞)
[PR]
by 3v6lfhyv7q | 2010-04-22 16:36
 室町幕府初代将軍の足利尊氏が戦に敗れて逃げ込んで以来閉ざされたままで「不開門(あかずのもん)」とも呼ばれる世界遺産・東寺(京都市南区)の重要文化財「東大門」が約400年ぶりの修理を機に開扉され、14日、門前でおはらいの法要があった。

【写真特集】銀閣寺:修復完了 渋い輝き戻る

 東大門は鎌倉時代前期建立で高さ8.7メートル、幅11.6メートル。1336年、新田義貞に敗れた尊氏が東寺の本陣に逃げ込んだ際、東大門を閉じて追撃を防いだ。これまで15世紀前半の台風と1605年の修理以外開いたことがない。しかし、屋根などの傷みが激しく、京都府教委が他の建造物と共に約3億円かけて補修することになった。

 この日は08年12月の仏像盗難事件(解決)を受けて整備された防犯カメラや赤外線センサー設備の除幕式もあった。【熊谷豪】

【関連ニュース】
【写真特集】なぜ?平泉、世界遺産「登録延期」勧告
【写真特集】「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
平等院鳳凰堂:壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査

診療所の収益性、「広告」とは相関せず(医療介護CBニュース)
自動車整備工場でガスボンベに引火、3人やけど(読売新聞)
<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
岡部まり氏 民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)
民主の外交安全保障政策「評価できる点はあまりない」 愛媛「正論」懇話会(産経新聞)
[PR]
by 3v6lfhyv7q | 2010-04-20 08:05
 大阪府吹田市は7日、市消防職員の親ぼく会費など約430万円を私的に流用したとして、男性職員(35)を同日付で停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。同市消防本部では3月にも、幹部職員が勤務時間中に株取引や馬券購入をしたとして処分されている。

 市消防本部によると、職員の福利厚生を目的とする親ぼく会には345人が加入。男性職員は平成21年4月に会計担当になり、毎月約30万円を集めていたが、一度も会の口座に振り込まなかったほか、口座にあった約130万円を18回にわたって引き出したという。

 今年3月に親ぼく会から退職者へ記念品が贈呈されなかったため、幹部職員が今月1日に男性職員に事情を聴いたところ、私的流用を認めた。「パチンコと女性との交際費に使った。現金を前に魔が差してしまった」と話しているという。すでに全額が返還されており、親ぼく会は刑事告訴しない方針。

【関連記事】
京丹後市元職員を書類送検 赤い羽根募金の一部を着服の疑い 京都府警
ミス穴埋め、3千万不正 国立がんセンター15人処分
女性事務職員が約840万円着服 大分・中津市の社会福祉協議会
市立小学校で340万円着服 経理担当職員2人を告訴 名古屋市
大阪市立斎場「心付け」受領疑い職員は23人 着服も1人
「中国内陸部の資源事情とは…?」

日中首脳、来週会談へ=核安保サミットに合わせ(時事通信)
<訃報>はやし家林蔵さん67歳=落語家(毎日新聞)
<囲碁>アジア大会へプロ棋士派遣(毎日新聞)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット(時事通信)
[PR]
by 3v6lfhyv7q | 2010-04-13 16:15
 新年度がスタートした1日、各地の企業や官公庁で入社式や入庁式が行われた。

 再建を目指す日本航空では、グループの結束を強める初の試みとして、東京・羽田空港の同社格納庫にグループ18社の新人約550人が集合。機体の前に立った稲盛和夫会長は、「復活の成否は『必ず再生する』という不撓(ふとう)不屈の一心が持てるか否かだ」と語りかけた。新入社員側からは、技術系総合職の広井良典さん(22)が代表し、「この場に立てていることに感謝したい。新しいJALグループを作ることに、努力と挑戦を惜しまない」と宣誓した。

 今後、グループ全体で3分の1以上の大幅な人員削減が予想される中、日本航空の新入社員は141人で、昨年度の400人から大幅に減少。来年度は採用しない方針という。

<将棋>三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
邦人安否「確認中」=福山外務副大臣(時事通信)
小児の臓器提供 児相通告事案は見合わせ 厚労省ガイドライン(産経新聞)
<遣唐使船>中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造(毎日新聞)
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
[PR]
by 3v6lfhyv7q | 2010-04-08 16:55
【ソロモンの頭巾】

 黄砂が気になる。昨年10月と12月には、秋の黄砂が観測された。11月に日本へ飛んでくることはあるのだが、10月と12月の黄砂は、それぞれ17年、16年ぶりのことである。黄砂の大型化の前触れだろうか。

 その予兆に違(たが)わず、今春の黄砂は大規模らしい。北京では「十年最強」、ソウルでは「史上最悪」と報じられている。

 春分の日の3月21日には、北海道から沖縄にまで飛来した。広がり方としては、この10年で最大の規模だ。春の甲子園も黄砂の入場行進となった。

 ソウル支局に尋ねると、発生時には市街の景色が暗くなることがあるという。マスクが欠かせず、政府は呼吸器系への健康被害の注意を呼び掛ける。

 北京の中国総局で黄砂を体験してきた記者の話ではもっとすごい。中国では黄砂を含んだ強風で鉄塔が倒壊することもあるし、家畜も倒れる。息ができなくて死んでしまうのだ。

 黄砂の故郷は、中国奥地のゴビ砂漠や黄土高原などだ。春の低気圧に巻き上げられた土砂が偏西風に乗って韓国、日本にやってくる。

 黄砂は昔からあった。「春(はる)霞(がすみ)」も黄砂だといわれる。嘉禄2年2月17日(1226年3月23日)の「吾妻鏡(あづまかがみ)」の記録は、規模が大きくなった珍しい例だ。「風少し吹く。四方暗くして霧霞のごとし。午刻(正午)より晩景に及ぶ」

 現代ではこの規模がまれでなくなった。2005年にソウルで開催された日中韓の環境相会合での共同声明には黄砂も加わった。2000年ごろから被害が目立ち始めたためである。

 過放牧や過耕作によって土地の荒廃が進んだことが原因とされている。一説にはカシミヤ用のヤギの放牧増加が引き金となったともいわれている。

 日本への飛来には年変動があるものの、全体の傾向として黄砂は増えている。

 過去40年間の年別黄砂観測日数の棒グラフを眺めると1980年代半ばから立ち上がり始める大きな山が見てとれる。2000年ごろはそのピークだ。

 その規模は、中国奥地の荒れ地を覆う草や雪の量に左右されるし、偏西風に乗った黄砂の本流のルートによっても変わる。

 砂漠化、乾燥化も黄砂の増大に関係する。あの黄河が干上がるほどの水量減少も起きている。黄河断流だ。近年の黄砂は黄河に代わって大気中を流れる「空の黄河」なのかもしれない。多い年だと1億トンもの土砂が空に舞い上がる。

 国連の気候変動政府間パネル(IPCC)も気候変動と黄砂の関係に注目し始めた。

 日本では呼吸器障害や花粉症への悪影響が心配されるようになっているのだが、黄砂にはプラスの面もあるという。

 北太平洋に落ちた黄砂のミネラル分は、植物プランクトンの養分になるし、日本列島では酸性雨の中和効果ももたらす。だが、それも程度問題だ。大規模黄砂では、有用面もかすむ。(長辻象平)

【関連記事】
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
黄砂で方位不明の船を救助 11管、沖縄本島沖で
北京で再び黄砂を観測
全国各地で黄砂観測 空の便に影響
中国北部で今年最大の黄砂
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配(産経新聞)
<東京スカイツリー>東京タワー抜く 高さ338メートルに(毎日新聞)
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開(産経新聞)
<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
[PR]
by 3v6lfhyv7q | 2010-04-05 15:15