営業マンも結構大変なんです。


by 3v6lfhyv7q

<掘り出しニュース>震度7にもビクともしない「耐震墓石」完成(毎日新聞)

 【愛知】墓石を地震による倒壊から守る耐震工法の実験が8日、春日井市の中部大で行われた。危険防止だけでなく、「縁起がよくない」という思いに応えたいとの石材業者の依頼で、同大の研究室が開発した新工法を試し、阪神大地震=マグニチュード(M)7・3、最大震度7=と同程度の震度にもビクともしなかった。

 墓石の設置方法は地域によって異なるが、地震による倒壊が相次ぎ、最近では中央に免震棒を入れる工法が普及している。それでも大地震などでは倒壊したり、数メートル飛んだケースがある。また、遺族から「倒壊させては先祖に申し訳ない」との注文があるという。

 新工法は、墓石を設置する「四ツ石」と墓の周囲の外柵を連結石でつなぎ、ステンレス製金具で留める。岐阜県多治見市の「石玉石材」(水野文雄社長)の依頼で同大都市建設工学科の水野英二教授が開発した。

 実験では、阪神大震災や新潟県中越沖地震(M6・8、最大震度6強)と同程度の揺れでも安全と確認された。

 水野社長は「墓づくりには信仰上の制約もあり、万全でなかった面もあった。実験で安全な工法が確認できたので、今後はコスト面をクリアして早く実用化したい」と話していた。【花井武人】

【関連ニュース】
池田小事件:鎮魂歌に父の祈り 発生9年
島根原発:差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁
荒砥沢ダム:岩手・宮城内陸地震後、初公開
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
地震退避行動:「火の始末」も見直し 文科省作業部会

参院選出馬の舘信秀氏、サポーターにマッチ、右京、中嶋らレーサー仲間大集結(スポーツ報知)
「もぐり狩り」で高校生2人に重軽傷負わす 内装工の少年逮捕(産経新聞)
ネット選挙解禁見送り=郵政廃案、派遣法は継続に(時事通信)
野村克也さん 既に退院…妻の沙知代さん語る(毎日新聞)
【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(4)(産経新聞)
[PR]
by 3v6lfhyv7q | 2010-06-16 18:29